<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

第63回日本推理作家協会賞決定!

昨日は第63回日本推理作家協会賞の選考会が催されたそうで、今年の協会賞が決まりました!

まず、候補となった作品は以下↓


『長編及び連作短編集部門』

  『粘膜蜥蜴』  飴村行
  『身の上話』  佐藤正午
  『乱反射』   貫井徳郎
  『贖罪』    湊かなえ
  『追想五断章』 米澤穂信


『短編部門』

  「随監」         安東能明
  「ミスファイア」     伊岡瞬
  「ドロッピング・ゲーム」 石持浅海
  「師匠」         永瀬隼介
  「雨が降る頃」      結城充考


『評論その他の部門』

  『英文学の地下水脈 古典ミステリ研究
   ~黒岩涙香翻案原典からクイーンまで』 小森健太朗
  『戦前戦後異端文学論―奇想と反骨―』  谷口基
  『日本SF精神史』           長山靖生
  『怪談文芸ハンドブック』        東雅夫


そして栄えある受賞作は以下。ソース元は公式HPのこちらのページ(http://www.mystery.or.jp/topics/index.html


『長編及び連作短編集部門』

  『粘膜蜥蜴』  飴村行
  『乱反射』   貫井徳郎


『短編部門』

  「随監」    安東能明


『評論その他の部門』
  『英文学の地下水脈 古典ミステリ研究
   ~黒岩涙香翻案原典からクイーンまで』  小森健太朗


作家歴15年を超える貫井徳郎氏が(おそらく悲願であろう)初タイトル獲得!
本格ミステリファンとしても嬉しい限り。

同時受賞の飴村行氏は2008年に『粘膜人間』で第15回日本ホラー小説大賞長編賞してデビューしたホラー界の新鋭。今回はミステリ的趣向も凝らされている『粘膜蜥蜴』で、なんと2作目で受賞という早さです。

短編部門で受賞したた安東能明氏は1995年に「日本推理サスペンス大賞」(今はもうない)の優秀賞を受賞してデビューし、数年の沈黙の後、2001年に「ホラーサスペンス大賞」(これも今はもうない)の特別賞を受賞して、以降はコンスタントに新作を発表し続けています。

評論その他の部門では、本格ミステリ大賞も受賞した小森健太朗氏が受賞しています。『英文学の地下水脈~』は今年の本格ミステリ大賞の「評論・研究部門」にもノミネートされており、2冠達成もあり得るかもしれませんね。


受賞された皆さま、おめでとうございます。
[PR]

  by we_2006 | 2010-04-24 09:55 | ミステリ

皐月の文庫化

はい。恒例の「本やタウン」より、来月文庫化される予定のなかで気になるものをピックアップ。


「王女の渇き」 早瀬乱 角川ホラー文庫
「6時間後に君は死ぬ」 高野和明 講談社文庫
「xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」 西尾維新 講談社文庫
「赤い夢の迷宮」 勇嶺薫 講談社文庫
「首無の如き祟るもの」 三津田信三 講談社文庫
「PLAY」 山口雅也 講談社文庫
「ガーディアン」 石持浅海 光文社文庫
「人形が死んだ夜」 土屋隆夫 光文社文庫
「名探偵の奇跡」 日本推理作家協会編 光文社文庫
「1950年のバックトス」 北村薫 新潮文庫
「温かな手」 石持浅海 創元推理文庫
「疑惑の墓標」 藤桂子 創元推理文庫
「兄の殺人者」 D・M・ディヴァイン 創元推理文庫
「蒼林堂古書店へようこそ(仮題)」 乾くるみ 徳間文庫
「熱い視線」 北川歩実 徳間文庫
「求愛」 柴田よしき 徳間文庫
「裁判員法廷」 芦辺拓 文春文庫
「ふたつめの月」 近藤史恵 文春文庫
「インシテミル」 米澤穂信 文春文庫
「怪盗対名探偵」 モーリス・ルブラン ポプラ文庫
「七つの秘密」 モーリス・ルブラン ポプラ文庫
「三十棺桶島」 モーリス・ルブラン ポプラ文庫
「虎の牙」 モーリス・ルブラン ポプラ文庫


今月はかなり豪華なラインナップ。


まずは講談社文庫。三津田信三『首無の如きの祟るもの』は待ちに待った文庫化!大いに期待しています。
また、勇嶺薫『赤い夢の迷宮』、山口雅也『PLAY』も楽しみな作品。
高野和明『6時間後に君は死ぬ』は、かつてドラマ化もされ、単行本発売時には評価も高かった作品。


石持浅海作品は『ガーディアン』(光文社文庫)、『温かな手』(創元推理文庫)と順調に文庫になってますね。


土屋隆夫『人形が死んだ夜』(光文社文庫)。土屋氏はこの作品が出た時点で御年90歳という、まさに大御所。50年以上前のデビュー作『天狗の面』ともリンクしている著者の集大成的作品。


西尾維新『xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』(講談社文庫)とD・M・ディヴァイン『兄の殺人者』(創元推理文庫)は来月に刊行が延びたようです。


芦辺拓『裁判員法廷』(文春文庫)と米澤穂信『インシテミル』(文春文庫)はともに「本格ミステリ・ベスト10」で上位にランクインした作品。『インシテミル』は映画化もされるようで。


ポプラ文庫からは、怪盗ルパン全集シリーズ隔月大量刊行第3弾。この勢いで全30巻出していくのでしょうか。


あと特に気になるのは、乾くるみ『蒼林堂古書店へようこそ(仮題)』(徳間文庫)、北川歩実『熱い視線』(徳間文庫)、藤桂子『疑惑の墓標』(創元推理文庫)など。
[PR]

  by we_2006 | 2010-04-07 22:25 | 文庫

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE