<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

如月の文庫化

またまた文庫化の情報が遅れてしまいました。

というわけでふたたび遅ればせながら、「本やタウン」より、来月文庫化される予定のなかで気になるものをピックアップ。


「甘栗と金貨とエルム」 太田忠司 角川文庫
「使命と魂のリミット」 東野圭吾 角川文庫
「シャーロック・ホームズの冒険」 アーサー・コナン・ドイル 角川文庫
「増補版 三度目ならばABC」 岡嶋二人 講談社文庫
「QED 河童伝説」 高田崇史 講談社文庫
「新装版 とらんぷ譚 悪夢の骨牌」 中井英夫 講談社文庫
「砂の城」 鮎川哲也 光文社文庫
「新本格もどき」 霧舎巧 光文社文庫
「浦島太郎の真相」 鯨統一郎 光文社文庫
「ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺(3)」 田中啓文 集英社文庫
「華やかな魔獣」 平岩弓枝 集英社文庫
「堂場警部補の挑戦」 蒼井上鷹 創元推理文庫
「天霧家事件」 太田忠司 創元推理文庫
「ホワイトクロウ インディゴの夜」 加藤実秋 創元推理文庫
「黒水仙」 藤雪夫・藤桂子 創元推理文庫
「新版 シャーロック・ホームズの冒険」 アーサー・コナン・ドイル 創元推理文庫
「セッジムアの絞殺魔」 ピーター・ラヴゼイ ハヤカワ文庫
「放火魔」 折原一 文春文庫
「天才たちの値段」 門井慶喜 文春文庫


来月もなかなかに充実したラインナップ。


まず個人的に嬉しいのが鮎川哲也『砂の城』の復刊。光文社文庫の「鮎川哲也コレクション」は、多くの入手困難だった鮎川哲也の長編が手軽に読めるようになったという点で、特筆に値すると思っています。


そして、ノベルス刊行時から気になっていた霧舎巧『新本格もどき』(光文社文庫)。新本格作家がどう「もどかれて」いるのか楽しみ(というか元ネタ全部読めてはないという…)


藤雪夫・藤桂子『黒水仙』(創元推理文庫)。藤父娘といえば、先月刊行された『獅子座』が有名ですが、上記の作品も父娘名義で発表されていたのですね。


中井英夫『新装版 とらんぷ譚 悪夢の骨牌』(講談社文庫)は先月から開始された「とらんぷ譚」シリーズ復刊の第2弾。おそらく一月置きに『人外境通信』『真珠母の匣』と続くのでしょう。


岡嶋二人『増補版 三度目ならばABC』(講談社文庫)は、何が増補されているのかは不明。未発表短編とかだろうか?それとも岡嶋二人年譜とか。


太田忠司『天霧家事件』(創元推理文庫)は狩野俊介シリーズの第5弾。加藤実秋『ホワイトクロウ』(創元推理文庫)はインディゴシリーズの第3弾。高田崇史『QED 河童伝説』(講談社文庫)はQEDシリーズの…えーと…13番目…かな…。


ピーター・ラヴゼイ「セッジムアの絞殺魔」(ハヤカワ文庫)は、「現代短編の名手」シリーズの第9弾。
絞殺魔とくれば、こちらは折原一『放火魔』(文春文庫)。単行本での短編集『疑惑』を改題したもの。


モロにカブったのは古典中の古典、アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険」。角川文庫と創元推理文庫から出ています。どちらも新訳の模様。映画の効果でしょうね。


あと特に気になるのは、蒼井上鷹『堂場警部補の挑戦』(創元推理文庫)、門井慶喜『天才たちの値段』(文春文庫)、鯨統一郎『浦島太郎の真相』(光文社文庫)など。
[PR]

  by we_2006 | 2010-01-28 16:17 | 文庫

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE