<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

法月綸太郎:編 「法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー」

読了しました。

法月綸太郎繋がりということで読み始めたんですが、さすがご本人が編んだアンソロジーだけあって、非常に密度が濃かったです。

章立ての構成も面白いですね。それに奇想小説、パロディ、密室、皮肉、犯人当て、哲学・・・何でもありです。どの短編もマニアックで、充分堪能させていただきました。

その中でもお気に入りは、

ロナルド・A・ノックス 「動機」
C・デイリー・キング 「消えた美人スター」
クリスピン&ブッシュ 「誰がベイカーを殺したか?」
中西智明 「ひとりじゃ死ねない」

でした。特に「誰がベイカーを殺したか?」は「読者への挑戦状」付きなのにも関わらず、度肝を抜かれてしまいました。
「ひとりじゃ死ねない」も、犯人当て小説としては、傑作に入れておきたいくらいの作品だったと思います。
[PR]

  by we_2006 | 2007-04-21 12:36 | ミステリ

本格ミステリ大賞受賞作の文庫化

「文庫化情報」で、来月の文庫化情報を更新しました。


今回の注目文庫はコレ↓

「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野晶午 文春文庫

ようやく出ましたか。叢書「本格ミステリマスターズ」は順次文庫化されていたのですが、なぜかこの「葉桜~」は飛ばされていたんですよね~。

まあ、「このミス」でも「本格ミステリ・ベスト10」でも1位で、推理作家協会賞も本格ミステリ大賞も取った話題作だから、出し惜しみしたくなる気持ちも分からないではないですが(それとも普通に文庫落ちが遅れただけなのでしょうか?)


他は伊坂幸太郎、石持浅海、鳥飼否宇、舞城王太郎などなど。


そして、麻耶雄嵩の「名探偵 木更津悠也」が出るぞ~~
[PR]

  by we_2006 | 2007-04-13 22:30 | 文庫

法月綸太郎 「雪密室」

読了しました。

てかやっぱり更新が週一になってるorz

法月氏の諸作(特に最初の3作)は、作品ごとに大きく作風が変わっているのが特徴らしいです。実際、前に読んだデビュー長編「密閉教室」と今回の「雪密室」は別の人が書いたのかと思うくらい、違った側面が強調されていましたね(でも両作品の論理の緻密さは、やはり法月氏といったところでしょうか)

個人的には今回の「雪密室」の方が、トリックとしてもプロットとしても好み。
次作の「誰彼」にも期待大、ですね。
[PR]

  by we_2006 | 2007-04-06 14:24 | ミステリ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE