<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

久しぶりの数学ネタか?

ということで、数学ネタ(というよりも論理学ネタ)に走ります。

有名なパラドクス(矛盾)があります。

「この文は偽である」

というもの。「この文」というのは上の文全体を指していて、かつ真、偽2種類の区別しかつけない場合、上の文はパラドクスとなります。

まず、上の文を「真」と仮定する。すると「この文は偽である」が正しい。すなわち上の文は「偽」である。よって、仮定と矛盾する。
次に、上の文を「偽」と仮定する。すると「この文は偽である」が「偽」であるのだから、上の文は「真」になる。よって、仮定と矛盾する。

これが上のパラドクスの仕組み。
これを記号を使って表すと、以下のようになります。

A:「Aは偽である」

つまり、Aという事象の内容が「Aが偽である」ということであり、言わば自己言及になっているわけです。メタミステリにも通じるものがありますね。

ここで疑問。
「真」か「偽」かをはっきりと決められるのはあくまで論理学の中の話。世の中そう白黒つけられるものではない。言うなれば「グレーゾーン」、すなわち『「真」でも「偽」でもないもの』があるとすればどうなるのか?

例に挙げた、
A:「Aは偽である」
で検証してみる。

まず、Aを「真」と仮定する。すると「Aは偽である」が正しい。すなわちAは「偽」である。よって、仮定と矛盾する。
次に、Aを「偽」と仮定する。すると「Aは偽である」が「偽」であるのだから、Aは「偽」ではない。よって、仮定と矛盾する。
そして、Aを「真でも偽でもない」と仮定する。すると「Aは偽である」が「真でも偽でもない」のだから、Aは少なくとも偽ではない。これは、仮定に矛盾しない。
ということはパラドクスではない?

なぜAを「真でも偽でもない」と仮定すると矛盾しない(と見ることができる)のか?それは「偽ではない」ことが「真である」ことと等価にはならないし、同様に「真でない」ことが「偽である」ことと等価にはならないから。つまり、「真でも偽でもない」という状態が存在するが故に、「真でない」は「真でも偽でもない」か「偽である」のどちらかになり、また「偽でない」は「真でも偽でもない」か「真である」のどちらかになる。したがって、Aを「真でも偽でもない」とおけば、「真でもない」し、「偽でもない」ので、結果「真でも偽でもない」ことになる・・・って当たり前っちゃ当たり前ですよね。

しかしAを「真でも偽でもない」と仮定すると、「Aは偽である」というAの内容は明らかに「偽」ではないのか?
そう考えることも出来る。しかし、Aを「真でも偽でもない」と仮定した場合、「Aは偽である」というAの内容は「偽」と確定することはできない考え方もある。なぜなら「Aが偽である」という事象にも「真」・「偽」の他に「真でも偽でもない」という状態の可能性があるから。
Aを「真でも偽でもない」と仮定したのだからAが他の状態(「真」または「偽」である)と確定できないかぎり、矛盾したことにはならない。この場合、「偽である」と確定できない考え方の根底には、「真でも偽でもない」という状態の存在がある。
Aを「真でも偽でもない」と仮定したが故に、「Aは偽である」と自己言及したAは「偽である」と断定できない。ってややこしい・・・・・・。

ここまで考えてくると、そもそも「真でも偽でもない」って何なのさ?という根本的な疑問さえ沸いてくる。世の中正しいか、そうでないかの2つなんだから、「それ以外の他の状態」ってあるわけないじゃないか。

あれ?とすると、「世の中そう白黒はっきりとつけられるものではない」というのは嘘か?いやいや、グレーゾーンってのは確かにあるぞ・・・・・・ということは「それ以外の他の状態」が存在することになるのか?あれ?矛盾するぞ・・・・・・?

という社会派パラドクスはどうでしょう?(っていうかそれはパラドクスじゃねぇ)
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-29 18:49 | 擬似数学ネタ

読んでいる文庫本の厚さがだんだんと

薄くなっているような気がする。

気のせいだ。たぶん気のせいだ。


というわけで、祥伝社文庫の「まほろ市の殺人」シリーズでも読みますか。

やけに軽い文庫のような気もするが・・・。たぶん気のせいだろう。






※ネタです(「まほろ市の殺人」はそのうち読みますが)
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-27 19:32 | 雑感

お知らせ

近くADSLから光に移行する予定でして。

その関係でプロバイダを変更することになるかもしれません。

ということで、ホームページ移転、メルアド変更の可能性が出てきました。
移転となった場合、作業のため、本家のHP「本格ミステリびぎなーず」の閲覧がしばらくの間、できなくなると思います。

本家のHP「本格ミステリびぎなーず」に来ていただいている方にはしばらく御不便をおかけすることと思いますが、どうか御了承のほどをお願い申し上げますm(_ _)m

尚、このブログ及び掲示板は、移転作業による支障はないので、通常通りの運営をこれからもしていくつもりです。

詳細が決まりましたらまたこのブログにてご連絡する次第です。

業務連絡みたいになってしまいましたが、これからも「本格ミステリびぎなーず」をよろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-25 18:46 | その他

今邑彩 「卍の殺人」

読了しました。

嬉しい!今回は私の推理が当たりました!
やりましたよ~
達成感に浸ってます。

この作品は東京創元社による企画「鮎川哲也と13の椅子」の13番目の椅子(一般公募作)に選ばれたものです。
陰鬱ともいえるような旧家で起こった殺人事件。謎に次ぐ謎。そしてそれらを最後まで本格として解き明かそうとしている部分が、いかにもこの企画から生まれた作品だということを物語っているように思います。

率直な感想をいうと、この作品で用いられているトリックは、見つけやすいが作りにくい類のものだと思います。伏線の部分を読むと実に手が込んでいて、複雑ですがそのほとんどに必然性があり、見事だと思います。これを一から作り出すのは容易ではないだろうと。
だけれど、ひとたびヒントを見つけると、糸が解れていくように作者が示した真相へと進むことが出来るのです。

トリックの見破られやすさは重要ではない。トリックが看破されたときに、それによって読者が推理した解答は、作者があらかじめ提示した真相に、ある程度の一致を見せなければならない。これが読者に対する「フェア・プレイ」であり、本格ミステリの重要な部分なのかもしれない。
そう思わせてくれる作品でした。
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-22 10:21 | ミステリ

東川篤哉 「密室の鍵貸します」

読了しました。

この前読んだ「Xの悲劇」は読むのに多少気合いが入りましたが、それに比べこの作品はユーモアミステリということもあって、本当に気軽に(良い意味で)読めますね。

事件が派手に勃発するという類のものではないので、その意味では多少地味かなという印象でした。
が、そんな印象も読み進めていくうちにどこへやら。ユーモアミステリといえど、トリックは実に複雑で巧妙。うまい具合に読まされ、騙された、といった感じですね。サクサク読めて、且つ読み応えも充分という。

東川作品、また文庫化されれば買ってみようかな(って文庫かよ)

関係ない話になりますが、この作品を読んでいる途中で、つい数日前に読んだ鮎川氏の某短編を連想しました。が、推理の参考にまではできず、結局作者の思うがままにミスリードされまくっていた私です。
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-20 18:45 | ミステリ

作家別文庫化考察(2) 有栖川有栖

読書は進んでいるのですが、コンテンツの充実を目指し、ミステリ文庫読み(自分)によるミステリ文庫読み(自分)のための企画「ミステリ作家別文庫化考察」をぼちぼち進めていこうと思います。

2回目は、有栖川有栖氏。

著作は前回の綾辻氏よりかなり多め。
コンスタントに作品を発表し続けておれらるようです。

まずは長編。
学生アリスシリーズの3作(創元推理文庫)、国名シリーズの「スウェーデン館の謎」、「マレー鉄道の謎」(講談社文庫)、「マジック・ミラー」、「46番目の密室」、「幻想運河」、「幽霊刑事」(講談社文庫)、「ダリの繭」、「海のある奈良に死す」、「朱色の研究」(角川文庫)。これらはすべて入手可能な状態であり、かつ新刊文庫での入手が比較的容易です。
敢えて新刊では入手しにくいものを挙げるならば、「幻想運河」、「ダリの繭」あたりでしょうか。まあこれはあくまでも、「新刊で」の入手のし易さです。「品切れ」ということでもありません。

既刊の作品で文庫化されていない長編は「虹果て村の秘密」(講談社ミステリーランド)と「乱鴉の島」(新潮社)の2作品。
「虹果て村の秘密」の方は「講談社ミステリーランド」の配本なので、文庫化は微妙なところ。是非とも文庫化してほしいものですが・・・。
「乱鴉の島」は現時点での氏の最新作であるので、文庫化はまだ先の話です。

次は短編集。
最新作「モロッコ水晶の謎」と長編2作を除いた国名シリーズの12作(講談社文庫)、「ジュリエットの悲鳴」、「暗い宿」(角川文庫)、「山伏地蔵坊の放浪」(創元推理文庫)、「作家小説」(幻冬舎文庫)、「絶叫城殺人事件」(新潮文庫)。これもすべて入手可能な状態であり、かつ新刊文庫での入手が比較的容易です。が、「暗い宿」だけは現在私は書店では未確認です。
それと、1つ1つの入手は困難なわけではないのですが、新刊で文庫の国名シリーズがすべて揃っている所は少ないように思います(あくまで私見ですが)。やはりすべて揃えるとなると、大きな書店でないと難しいようですね。

既刊の作品で文庫化されていない短編集は「モロッコ水晶の謎」(講談社)と「白い兎が逃げる」(光文社)の2作品。どちらも文庫化はされると思うので、文庫待ちの方は気長に待ちましょう。

有栖川氏も同様にアンソロジー等に積極的に参加しています。そしてやはり、有栖川作品を探し求める目的ならば、アンソロジーよりは上記の短編集を探すほうがおススメでしょう。

文庫(単行本)未収録の作品もあるようですが、わたくしそこまで把握できておりません。
詳しくは、私の中途半端な情報よりも膨大で、かつ正確である有栖川有栖ファンサイト「有栖川有栖データベース 有栖川探偵小説事務所」でお調べ下さい。

有栖川氏のエッセイ及び他作家との対談集などの文庫化はこの企画では触れません。ご了承を。

とまあ、ほとんど手抜きというか丸投げというか、そんな文庫化考察でした(汗)

メジャーな推理作家について調べるのは容易なので、そろそろ文庫が入手困難な作家についてもリサーチしていこうと思う次第です。

おまけ

私の有栖川文庫作品読了リスト

「月光ゲーム」 創元推理文庫

のみ。・・・・・・・・・orz
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-19 18:26 | 作家別文庫化考察

エラリー・クイーン 「Xの悲劇」

読了しました。

この「Xの悲劇」、ミステリは読まずとも名前だけは聞いたことがある方もおられるかもしれません。

もちろん本格ミステリ読みの人にとっては、何を今更そんなものも読んでいないのか的な名作なのですが、わたくし今更読んでます、はい。ミステリ初心者なので、お許しを。

もうこの作品、というか以降の「悲劇」シリーズも、その他のエラリー・クイーン氏の著作も、クイーン論も、様々な本格の評論家や好事家らが研究している分野であるので、初心者の私には何も言うことはないでしょう。
なので個人的に、率直な感想を少し。

この作品はクイーンの初期の作品と位置づけられているようです。後期のクイーンの著作にあたる「九尾の猫」もサスペンスが色鮮やかでなかなか面白く読めましたが、やはりクイーンの本領は「論理」にあるのだなと、これを読んで感嘆させられる思いでした。
作中の探偵役ドルリー・レーンが展開する推理は、緻密であり鮮やかであり、論理的な盲点など皆無であるかのように見えるほど。
パズル的ともいえる論理の鎖や意外な結末、重厚な世界観、くせのある名探偵など、これらエラリー・クイーンの創造したこの探偵小説は、現在の国内本格推理作家の多くを魅了し、影響を及ぼしてきたことを、素人ながらにも納得させてくれるものでした。
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-18 18:29 | ミステリ

ああ、もう秋なんですか

まず、昨日の記事の訂正をば。

誤:今月のミステリ文庫新刊
正:来月のミステリ文庫新刊

来月の文庫新刊を見ていたら気分はもう10月、になっていました(汗)

そんな10月気分の私、というか、もう10月って秋じゃないですかー(実際は9月ですが)
このひまわりのスキンもそろそろ潮時か・・・。

ということで、スキンを変更しました。

この写真の鳥は何でしょうね?
渡り鳥でしょうな、一瞬カラスに見えたけど。
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-15 18:07 | その他

新刊ラッシュだねぇ

今月のミステリ文庫新刊は充実してます。

メジャーなところを挙げていくと、

「世界の終わり、あるいは始まり」 歌野晶午 角川文庫
「ネジ式ザゼツキー」 島田荘司 講談社文庫
「奇遇(上・下)」 山口雅也 講談社文庫
「ZOKU」 森博嗣 光文社文庫
「レインレイン・ボウ」 加納朋子 集英社文庫
「手紙」 東野圭吾 文春文庫
「切り裂きジャック・百年の孤独」 島田荘司 文春文庫

をを、豪華なラインナップ。
山口雅也氏の「奇遇」がもう文庫化ですかー。そうですかー。

この他にも柴田よしき、坂木司、伯方雪日らの作品も文庫化。
詳しくは「文庫化情報」

見てみると、往年の名作、坂口安吾氏の「不連続殺人事件」なんかも入ってたりするんですが、これは増刷かな?それとも新装版?
あっ、もしかして「読者への挑戦状」が新たに収録されてるとか・・・。だったら悔しーなー。もう買ってあるし・・・。
っていうか今まで角川文庫版では「読者への挑戦状」が入ってなかったのが悲しひ・・・。
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-14 18:01 | 文庫

苦し紛れのネタ探し

最近コンテンツの更新が進んでないですねー

「辞典」とか「文庫化情報」とか。(´・ω・`)

ん?顔文字を作ってみたけど何だか違和感。微妙に違う?
歪んでるように見える。目が違うのかな?

(´○ω○`)こう?
顔に見えん。

(´@ω@`)こう?
別の表情に見える・・・。

口が違うのかな・・・。
(´・Д・`)こう?
・・・なんか違う。口がデカイ。

(´・д・`)こう?
うーん、微妙だなぁ・・・。

眉毛が違うのかな・・・。
(`・ω・´)こう?
何か (`・ω・´)シャキーン みたいだ・・・。違うな・・・。

(/・ω・\)こう?
・・・うん、違うわ。

(´・o・`)こう?
・・・・・・。
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-11 18:57 | 雑感

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE