<   2006年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

2006年上半期私的ベスト5

を発表したいと思いまして。今日で上半期も終わることですし。

対象は今年の1~6月に読了したミステリ作品。
合計10作です。(少ない・・・)

それではいきますか。


第1位 「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」 麻耶雄嵩
・とにかく、読了後の衝撃がすごかったです。なんとも言えない世界観も好みですねぇ。後半はもう、「うわー!うわー!」とただ圧倒されるのみでした。文句なし、今年の暫定1位です。

第2位 「ロートレック荘事件」 筒井康隆
・これも衝撃度は高かった・・・。真相があまりにも意外過ぎて、最初は分からなかったほど(笑)

第3位 「黒後家蜘蛛の会 1」 アイザック・アシモフ
・短編集で、しかもまだ4巻も続くシリーズですが、<ブラック・ウィドワーズ>の設定・キャラクターや彼らの軽快な会話は私好みでした。登場人物たちの(というかアシモフ氏の)博覧強記振りも凄まじいです。

第4位 「月光ゲーム Yの悲劇88’」 有栖川有栖
・ミステリとしても青春小説としても楽しめた作品です。派手なトリックではないですが、本格のガジェットを多く取り入れたり、ロジックを重視した展開は「本格ミステリの王道」を突き進んでいる感じで良いですね。

第4位 「長い家の殺人」 歌野晶午
・『月光ゲーム』と同率順位にしておきました。この作品も地味な印象ですが、トリックが凄い。そのトリックが生み出す不可解な状況は、初心者本格ファンにとっても実に魅力的なものだと思います。

次点 「春期限定いちごタルト事件」 米澤穂信
・上位5作はどれも名作であり傑作の部類に入ると思います。「何をものすごく今更な」ってな順当なランキングかもしれませんが(汗)。というわけで、比較的新しいこの作品を次点に挙げておこうと思います。しかし、ただの青春小説短編集ではありません。アレ(詳しく言うとネタバレになるので)を巧くミステリに取り入れるとは・・・、米澤氏はなかなかの強者です(笑)。新しい可能性を感じますね(←何をエラそうに)

以上、ごくごく私的な2006年上半期ベスト5でした。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-30 22:34 | ミステリ

子どもの頃プチガムとか結構好きだったんだよね

どうもこんにちは。

未だに風船ガムで風船をふくらませることのできない不器用なWeです。


この頃、パズル熱再燃。
といっても、ナンプレやってるだけなんですが。

以前パズルにはまっていた頃は、まだ中学生だったからなぁ・・・。

その頃と比べて幾分か知能が上がったせいか、パズルが解ける解ける♪

でも1問解くのに30分とか掛かったりする・・・。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-29 18:29 | パズル

唸れ!俺様の渾身の右手首!

どうもこんにちは。

中学校の合唱会で指揮役を仰せつかったが、練習のし過ぎで右手腱鞘炎になったことのあるWeです。


今週は読書ができるまとまった時間が取れそうで。

「Xの悲劇」、読了できそうかな?

途中で鮎川氏の短編を読んでも良いし。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-28 12:54 | 読書

そろそろ

梅雨が明けて天気がすっきりしてほしーなー。

すんげー我が侭。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-26 11:02 | 雑感

読めてませぇん・・・

ネタもないので、一昨日の買い本を。

「凍える島」 近藤史恵 創元推理文庫
「作者不詳」 三津田信三 講談社ノベルス

以上!
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-24 18:37 | 日常

おお

昨日は久しぶりの「ノー・ネットデー」(図らずも)だったので更新できませんでした。


そしていきなり話題は変わるのです。


私は森博嗣氏の「MLA」を毎日楽しみに読んでいるのですが、なんと、今日の日記(数日遅れでUPしているので正確には今日ではないのですが)から5日間、「学科」の担当が清涼院流水氏になるらしいのです!
これは驚き!一体彼らにはどんな繋がりが?(というかメフィスト繋がりではあるんですけどね)

流水氏の文章読むのは久しぶりだ~。

今日はその1日目。文章のタイトルは「文がCool」。

流水氏らしいですね。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-23 18:50 | 日常

積ん読本の

整理をしていたんです。

今何冊あるのかな、と。

んで、実際に数えてみると・・・・・・。

このサイトの「積ん読リスト」にある本の数より1冊多い!

ということは、どれか1冊「積ん読リスト」に入れ忘れている本があるはず。

どれだ?どの本だ?

気になる~気になる~気になる~~。


・・・というわけで、夜中「積ん読リスト」と比較しながら本を漁りに漁ってようやく探し当てたのがこの本。


「生ける屍の死」 山口雅也 創元推理文庫


そういやこれ、去年クーポン券使って生協福利で買ったんだっけ・・・。

「積ん読リスト」に入れときます。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-21 13:06 | 文庫

読書欲が

沸いて出たので、封印していた「1長編・1短編集並行読書方式」を再び採用しよう思います。

読む予定の本は以下。

長編 「Xの悲劇」 エラリー・クイーン 創元推理文庫
短編集 「五つの時計」 鮎川哲也 創元推理文庫

2つとも創元推理文庫にしたのはわざとじゃないですよ。

「Xの悲劇」にしたのもただ単に久しぶりに海外の長編が読みたかっただけという理由でw

「五つの時計」は鮎川氏の短編セレクションなので、長編で疲れてきたら、これらの短編でひとなごみ、という感じでいきたいと思います。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-20 19:18 | 読書

震撼する新刊文庫

来月の新刊文庫化情報を更新しましたよ。

いやー、はやみねかおる氏の「そして五人がいなくなる」が講談社文庫で出るのですねぇ。
はやみね氏といえば、氏の著書「消える総生島」を探していたとき、「講談社青い鳥文庫はどこだ、どこだ!」と書店中を巡り巡った記憶が新しいです。そして、それが児童書コーナーに置いてあり、なおかつ新書サイズだったことに、衝撃と脱力感を覚えたのでしたw(決して悪い意味ではないですよ)

それと文春文庫から出る、小森健太朗氏の「グルジェフの残影」は「本格ミステリマスターズ」の「Gの残影」の改題版なんでしょうか?
また調べておかないと。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-19 11:44 | 文庫

折原一 「倒錯のロンド」

読了です。

今回はテンポ良く読めました。
ここ最近では一番速い読書ペースだったと思います。

では、ネタバレしない程度に感想を少々。


実は後半部分で、トリックを見抜いた感じがあったというか、「こうじゃないかな?」という予想は立ったのです。
ですが結果、その予想はあながち外れでもない代わりに、当たりでもありませんでした。

よくよく考えてみると、私はこの作品のメインのトリックに、ミスリードという形で自分の推理が飲み込まれていたことに気付きました。
ミスリードされるがままに導き出した推理。そもそもそれは根底から間違っていたので、当然真相には遠く及ばないものでした。

と同時に改めて折原氏の手腕には感服。ミスディレクションが実に巧みだった作品だと思います。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-17 20:09 | ミステリ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE