<   2006年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

半分読了。

現在読書中の本のことです。

・・・遅!

もちっとペース上げてもいいんじゃないかねぇ。

じゃないと積ん読が、積ん読がぁ・・・(苦)
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-30 17:06 | 読書

おっと

このブログの更新、2日空けたのは初めてですね。

まあ、昨日は用事で遠出で、いろいろと濃い一日でしたからねぇ・・・。

ミステリ読書は、停滞中です。
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-28 18:26 | 日常

気が向いたので

「どーでも企画2(解答編)」を載せました。

問題編の方は、こちらにあります。


読書の方は、なかなか進んでません。

今週中には読み切れるでしょうか。
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-25 18:32 | その他

結局

「分厚い文庫に挑戦する」と言っておきながら、今読んでいるのは300ページ強の某作品。

この人の作品を読むのは初めてです。

文体はとても読みやすい感じです。けっこう肌に合いそう。

現在、約4分の1を読了。
って、「読了」と言えるほどの長さじゃないんですけどね・・・。

でもまだ事件が起きてません。それに登場人物多いです。
また、目次を見ると、「読者への挑戦状」付きのようです。

さて、現在私が読んでいる作品は何でしょう?(「積ん読リスト」の中の一つだよ)

・・・という無意味な「自分」クイズを出してみたり。
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-23 21:46 | 読書

いろいろ更新~

今日はサイトの更新をかな~り頑張っちゃいましたよ。

まず、最新文庫化情報を更新(←ようやくですけど・・・)

「読書評価」の国内作品リストに、3作の読書評価を追加。

「辞典」に「ミステリ作家辞典」(ただし現在は「あ行」のみ・・・orz)を追加。


でも積ん読は溜まる一方・・・・・・orz

しばらくはミステリ読書に精を出します。
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-22 18:23 | 日常

うおう

買ってしまった・・・。

本買いはしばらく自重しようと思っていたのだが・・・。

遠出をして新しい古本屋へ行き、うれしくなってちと調子に乗りすぎました。

今日買った本は以下のとおり。

「まほろ市の殺人 冬」 有栖川有栖 祥伝社文庫
「毒薬の輪舞」 泡坂妻夫 講談社文庫
「金雀枝荘の殺人」 今邑彩 講談社文庫
「僕の殺人」 太田忠司 講談社文庫
「猿の証言」 北川歩実 新潮文庫
「大東京四谷怪談」 高木彬光 光文社文庫
「まほろ市の殺人 秋」 麻耶雄高 祥伝社文庫
「金沢W坂の殺人」 吉村達也 光文社文庫

古本屋2店で、計8冊のお買い上げ。
買いすぎたか・・・orz

でも「ミステリー・リーグ」1冊分ほどの値段でこれだけの希少な文庫を買えたのは良かったと思う。
と、自分に言い訳。

買わずに後悔するより、買ってから後悔しろ(愚)

いや、後悔はしてないですけどね。

ということで、積ん読大幅UP!

・・・・・・・・・・・・orz
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-20 23:10 | 読書

文庫化情報一区切り

「本格ミステリクロニクル300」の全作品の文庫化情報をUPしました!

現在、「本格ミステリクロニクル300」のリスト300作品中、文庫化されているのは251作品。

けっこう大変な作業でした~。

でも、その努力も報われるほどの価値が本当にあるのかどうか・・・。

本格ミステリの「文庫」を探し求めている人にとって、役に立ってくれれば幸いです。
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-19 20:09 | 文庫

現時点で5冊

今年に入ってから読んだ本の数です。

・・・・・・少な!


「春期限定~」で癒されたここいらで、そろそろ分厚いヤツに挑戦してみますかな。

「壷中の天国」とか、「翼ある闇」とか、「奇跡審問官アーサー」とか、四大奇書とか・・・。

「髑髏島の惨劇」や「Killer X」も結構分厚いぞ。


でも、こういう分厚いのは結構読む前の覚悟もいるもんなんですよねぇ。
自分、読むの遅いし。

流水大説の「カーニバル」全五巻も、読み終えるのに1年以上もかかりましたからねぇ・・・。
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-18 18:45 | 読書

鮎川哲也賞

決まったみたいですね。

受賞作は麻見和史氏の「ヴェサリウスの柩」だそうで。

というわけで「ランキング・賞」コーナーの「鮎川哲也賞」を更新。


文庫化情報の更新もちまちまやってますよ。「本格ミステリクロニクル300」とか。


次は何読もっかな~。
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-17 18:45 | 日常

米澤稲信 「春期限定いちごタルト事件」

ようやく読み終えました。

ライトでコミカルな連作推理短編集。いいですね~。

新感覚日常系あっさり青春風味のミステリ、ってな感じで。キャラもすごくイイ!


米澤稲信ミステリ。なかなかいいかも。
[PR]

  by we_2006 | 2006-04-16 22:46 | ミステリ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE