カテゴリ:作家別文庫化考察( 2 )

 

作家別文庫化考察(2) 有栖川有栖

読書は進んでいるのですが、コンテンツの充実を目指し、ミステリ文庫読み(自分)によるミステリ文庫読み(自分)のための企画「ミステリ作家別文庫化考察」をぼちぼち進めていこうと思います。

2回目は、有栖川有栖氏。

著作は前回の綾辻氏よりかなり多め。
コンスタントに作品を発表し続けておれらるようです。

まずは長編。
学生アリスシリーズの3作(創元推理文庫)、国名シリーズの「スウェーデン館の謎」、「マレー鉄道の謎」(講談社文庫)、「マジック・ミラー」、「46番目の密室」、「幻想運河」、「幽霊刑事」(講談社文庫)、「ダリの繭」、「海のある奈良に死す」、「朱色の研究」(角川文庫)。これらはすべて入手可能な状態であり、かつ新刊文庫での入手が比較的容易です。
敢えて新刊では入手しにくいものを挙げるならば、「幻想運河」、「ダリの繭」あたりでしょうか。まあこれはあくまでも、「新刊で」の入手のし易さです。「品切れ」ということでもありません。

既刊の作品で文庫化されていない長編は「虹果て村の秘密」(講談社ミステリーランド)と「乱鴉の島」(新潮社)の2作品。
「虹果て村の秘密」の方は「講談社ミステリーランド」の配本なので、文庫化は微妙なところ。是非とも文庫化してほしいものですが・・・。
「乱鴉の島」は現時点での氏の最新作であるので、文庫化はまだ先の話です。

次は短編集。
最新作「モロッコ水晶の謎」と長編2作を除いた国名シリーズの12作(講談社文庫)、「ジュリエットの悲鳴」、「暗い宿」(角川文庫)、「山伏地蔵坊の放浪」(創元推理文庫)、「作家小説」(幻冬舎文庫)、「絶叫城殺人事件」(新潮文庫)。これもすべて入手可能な状態であり、かつ新刊文庫での入手が比較的容易です。が、「暗い宿」だけは現在私は書店では未確認です。
それと、1つ1つの入手は困難なわけではないのですが、新刊で文庫の国名シリーズがすべて揃っている所は少ないように思います(あくまで私見ですが)。やはりすべて揃えるとなると、大きな書店でないと難しいようですね。

既刊の作品で文庫化されていない短編集は「モロッコ水晶の謎」(講談社)と「白い兎が逃げる」(光文社)の2作品。どちらも文庫化はされると思うので、文庫待ちの方は気長に待ちましょう。

有栖川氏も同様にアンソロジー等に積極的に参加しています。そしてやはり、有栖川作品を探し求める目的ならば、アンソロジーよりは上記の短編集を探すほうがおススメでしょう。

文庫(単行本)未収録の作品もあるようですが、わたくしそこまで把握できておりません。
詳しくは、私の中途半端な情報よりも膨大で、かつ正確である有栖川有栖ファンサイト「有栖川有栖データベース 有栖川探偵小説事務所」でお調べ下さい。

有栖川氏のエッセイ及び他作家との対談集などの文庫化はこの企画では触れません。ご了承を。

とまあ、ほとんど手抜きというか丸投げというか、そんな文庫化考察でした(汗)

メジャーな推理作家について調べるのは容易なので、そろそろ文庫が入手困難な作家についてもリサーチしていこうと思う次第です。

おまけ

私の有栖川文庫作品読了リスト

「月光ゲーム」 創元推理文庫

のみ。・・・・・・・・・orz
[PR]

  by we_2006 | 2006-09-19 18:26 | 作家別文庫化考察

作家別文庫化考察(1) 綾辻行人

読書も進んでいないので、ここらでちょっと新しい企画を考えました。

文庫読者の私としてはやはり「文庫化」というのは気になるもの。

というわけで、その文庫化について、作家別にやろうじゃないか、と。

ある程度まとまれば、「本格ミステリびぎなーず」のコンテンツとして入れるつもりです。


まずは、新本格の旗手、綾辻行人氏から。

綾辻氏の著作は他の作家と比べると少なめです。
短編集も合わせると、20くらいになるでしょうか。

文庫の入手度を検討してみましょう。

まずは長編。
「館」シリーズの6作(講談社文庫)、「囁き」シリーズの3作(祥伝社文庫or講談社文庫)、「殺人鬼」シリーズの2作(新潮文庫)、「殺人方程式」シリーズの2作(光文社文庫or講談社文庫)、「霧越邸殺人事件」(新潮文庫)はすべて入手可能な状態であり、かつ新刊文庫での入手が容易です。大抵の本屋に置いてあります。
特に書店で入手しやすいのは講談社文庫辺りでしょうか。新潮文庫も入手が容易です。
敢えて本屋で見かけない作品を挙げるとすると、「囁き」シリーズでしょうね(意外と3作揃っていない所は多いのです)。

短編集では、「フリークス」(光文社文庫)、「どんどん橋、落ちた」(講談社文庫)、「眼球綺譚」(集英社文庫)があります。どれも新刊での入手が容易です。

結論から言うと、綾辻氏の文庫はすべて入手容易だということです。ものすごくメジャーですからね(笑)

既刊の作品で文庫化されていない作品は、「暗黒館の殺人」(講談社ノベルス)、「びっくり館の殺人」(講談社ミステリーランド)、「最後の記憶」(角川ノベルス)の3作。
「最後の記憶」が文庫化されれば、綾辻氏初の角川文庫作品になります。
「暗黒館の殺人」は、おそらく分冊(上・下巻ぐらいを希望w)で文庫化されるでしょう(ノベルスの時点で上下巻ですからね)。
「びっくり館の殺人」はレーベル「講談社ミステリーランド」の配本なので文庫化は微妙ですが、人気の「館」シリーズなので、おそらく文庫化されるのではないかと。そう期待しております。

綾辻氏はアンソロジーの編纂等にも積極的に参加しています。しかし作家に関わらず、文庫アンソロジーの入手度は全体的にあまり高くないので、上記の短編集を探すほうがおススメです。文庫(単行本)未収録の作品もあるようですが、詳しくは綾辻行人情報に関しては右に出るもののないサイト「綾辻行人データベース Ayalist」でお調べ下さい。

綾辻氏のエッセイや他作家との対談集も出ているようですが、そちらの方は入手が困難なようです。一応、この企画ではエッセイ、対談集の文庫化にまでは触れませんのでご了承を。

というわけで、綾辻行人氏の文庫化考察でした。

綾辻作品はメジャーなので、リサーチも楽に出来ます。しかも作品はそれほど多くない。
企画のトップには打ってつけ、っちゅうか実際初っ端から思いっきり手抜きですorz

次回以降はこつこつ調べていきますので、少しでも有益な情報を提供できれば、と思っております。

おまけ

私の綾辻文庫作品読了リスト

「十角館の殺人」 講談社文庫

のみ。・・・・・・・・・orz
[PR]

  by we_2006 | 2006-07-10 12:16 | 作家別文庫化考察

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE