法月綸太郎 「雪密室」

読了しました。

てかやっぱり更新が週一になってるorz

法月氏の諸作(特に最初の3作)は、作品ごとに大きく作風が変わっているのが特徴らしいです。実際、前に読んだデビュー長編「密閉教室」と今回の「雪密室」は別の人が書いたのかと思うくらい、違った側面が強調されていましたね(でも両作品の論理の緻密さは、やはり法月氏といったところでしょうか)

個人的には今回の「雪密室」の方が、トリックとしてもプロットとしても好み。
次作の「誰彼」にも期待大、ですね。
[PR]

  by we_2006 | 2007-04-06 14:24 | ミステリ

<< 本格ミステリ大賞受賞作の文庫化 読書はしてますよ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE