はやみねかおる 「亡霊は夜歩く」

実家に帰省中に読了してきました。講談社文庫版。

ジュブナイルのシリーズですが、大人のミステリファンも思わずニヤリとさせられてしまうくらい、ミステリー度も高い作品です。

今作も、伏線の貼り方がお見事でしたね~。
個人的には、前作の「そして五人がいなくなる」よりもお気に入りになるかもしれません。


さて、シリーズ次作は「消える総生島」。こちらは消失モノで、個人的にも期待大。
講談社文庫で早く出ないかな~(まあ、青い鳥文庫でも良いのですが・・・・・・)
[PR]

  by we_2006 | 2007-03-05 23:25 | ミステリ

<< 「本格ミステリベスト10」20... せめて実家にいる時は一冊でもい... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE