我孫子武丸 「0の殺人」

読了しました。

5日間も沈黙していたのは、これを読んでいたからで・・・(というのは半分嘘で半分本当)

シリーズ前作「8の殺人」とは別な雰囲気を感じさせた本作でしたが、速見3兄妹シリーズのお決まりシーンを入れつつ、今回も巧みな趣向を凝らしていますね。
トリックに関して、個人的には「8の殺人」ほどの衝撃はなかったですが、自分としては、「作者」と「読者」との間で「帰納的検証」もしくは「アナロジー」的な関わりを持たせることに成功しているのではないでしょうか?(具体的に話すとネタバレになってしまいそうなのでこんな分からない書き方をしていますが・・・)

さて、次は「メビウスの殺人」ですね。
[PR]

  by we_2006 | 2007-01-22 08:35 | ミステリ

<< 我孫子武丸 「メビウスの殺人」 私的順位 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE