米澤穂信 「夏期限定トロピカルパフェ事件」

これも帰省中に読んだ作品です。

これはもう「秋期~」を読むしかないですね。

予想を超える展開に驚きましたが、それと同時に納得。本格ミステリとして捉えれば、この展開は必然だったのではないかと今にして思うのです(これ以上言うとネタバレになってしまいそうなのでここまで)

今回嬉しかったのが、解説に「ミステリ」としての本作品の解説が載っていたところ。
シリーズ1作目の「春期限定いちごタルト事件」では、解説はラノベサイドからのアプローチしかなかった(はず)。
今作ではその「春期~」からの流れも含めた上で、ミステリとしての解説が為されてあり、非常に参考(というか勉強)になりましたね。

それにしてもやっぱり「シャルロットだけはぼくのもの」は秀逸ですねぇ。
今作の中では一番のお気に入りです。
[PR]

  by we_2006 | 2006-08-28 18:13 | ミステリ

<< 浅暮三文 「実験小説 ぬ」 乙一 「夏と花火と私の死体」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE