震撼する新刊文庫

来月の新刊文庫化情報を更新しましたよ。

いやー、はやみねかおる氏の「そして五人がいなくなる」が講談社文庫で出るのですねぇ。
はやみね氏といえば、氏の著書「消える総生島」を探していたとき、「講談社青い鳥文庫はどこだ、どこだ!」と書店中を巡り巡った記憶が新しいです。そして、それが児童書コーナーに置いてあり、なおかつ新書サイズだったことに、衝撃と脱力感を覚えたのでしたw(決して悪い意味ではないですよ)

それと文春文庫から出る、小森健太朗氏の「グルジェフの残影」は「本格ミステリマスターズ」の「Gの残影」の改題版なんでしょうか?
また調べておかないと。
[PR]

  by we_2006 | 2006-06-19 11:44 | 文庫

<< 読書欲が 折原一 「倒錯のロンド」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE