麻耶雄嵩 「翼ある闇」

読了しました。
後半は一気に読んじゃいましたよ。

感想はというと・・・。


すごいもん読んじゃったよ。


不可解なトリック。過度なまでの装飾を帯びた道具立て。探偵VS探偵。覆る論理。そして、本格ギリギリのラインを行きながら、別世界へと飛翔し見事に着地したような衝撃的な結末。

すごい!これはすごいよ!快作だ!!

麻耶氏が新本格第2世代の旗手、と言われているのも頷けますね。

これだから本格ミステリはやめられない。
[PR]

  by we_2006 | 2006-05-19 19:26 | ミステリ

<< どうやら 読速度 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE