はっ

そういえば今月は、ワタクシの敬愛する清涼院流水氏の文庫「秘密室ボン」が出るのですよね。

でもこの作品はすでにノベルスで読んでいる・・・。

だがしかし!
氏の著作はノベルス&文庫で、2度楽しめることもできるのです。

なぜか?
それは、作品の文庫化にあたり、氏自身が大幅に内容に手を入れることが多いからなのです。

だから全面改稿も珍しくない。改題、改変ももはや氏の通常イベントと化しています。

だがしかし!
改稿する可能性は高いとはいえ、元々は同じだった作品を2度も買う余裕などないのです(悲)

よって、古本落ちもしくは図書館待ちに決定。
[PR]

  by we_2006 | 2006-05-17 19:09 | 文庫

<< 読速度 更新しました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE