速報だと思ったけれどそれほど早くもなかった・・・

第6回本格ミステリ大賞が決定したとのこと。

小説部門の受賞作は東野圭吾氏の「容疑者Xの献身」
評論・研究部門の受賞作は北村薫氏の「ニッポン硬貨の謎」

投票結果を見てみると、小説部門では東野圭吾氏の「容疑者Xの献身」と島田荘司氏の「摩天楼の怪人」とがかなり競っていましたが、結局前者が2票差でトップになったとのこと。やっぱり「容疑者~」は強いですねぇ。ランキング1位も総取りだし、直木賞も取ったし。

評論・研究部門では北村薫氏の「ニッポン硬貨の謎」が選ばれたのは意外でした。他の評論専門の著書が選ばれるのかと思ったのですが・・・。それだけ作中でのクイーン論が評価された、ということなのですね。

ということで、「本格ミステリ大賞」をさっそく更新。

ああ、読みたくなりましたねぇ。早く文庫になんないかなぁ。
[PR]

  by we_2006 | 2006-05-15 11:40 | 日常

<< 更新しました。 ようやく >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE