第64回日本推理作家協会賞決定!

ブログではご無沙汰です。

今回はおめでたいことがあったので久しぶりにブログを更新してみます。


本日、第64回日本推理作家協会賞の選考会が催され、栄えある受賞作が決まりました。
ソース元は公式HPのこちらのページ(http://www.mystery.or.jp/topics/index.html


受賞作は以下↓


『長編及び連作短編集部門』

  『隻眼の少女』  麻耶雄嵩
  『折れた竜骨』  米澤穂信


『短編部門』

  「人間の尊厳と八〇〇メートル」  深水黎一郎


『評論その他の部門』
  
  『遠野物語と怪談の時代』  東雅夫


ついに、麻耶雄嵩氏が協会賞を受賞する時が来ようとは!

そして今回は米澤穂信氏と深水黎一郎氏も受賞し、小説部門は本格系が総なめという嬉しい結果になりました!

長編及び連作短編集部門で受賞した2作品はどちらも第11回本格ミステリ大賞にもノミネートされています。この結果も楽しみ。

短編部門で受賞した深水黎一郎氏は2007年に第36回メフィスト賞を受賞してデビューし、気鋭の本格ミステリ作家として注目を浴びています。

評論その他の部門では、怪奇幻想・怪談の分野ではお馴染みのアンソロジスト、東雅夫氏が受賞しています。


その他の候補作は以下↓


『長編及び連作短編集部門』

  『明日の雨は。』         伊岡瞬
  『華竜の宮』           上田早夕里
  『アルバトロスは羽ばたかない』  七河迦南


『短編部門』

  「原始人ランナウェイ」  相沢沙呼
  「殷帝之宝剣」      秋梨惟喬
  「芹葉大学の夢と殺人」  辻村深月
  「天の狗」        鳥飼否宇


『評論その他の部門』

  『エラリー・クイーン論』        飯城勇三
  『現代本格ミステリの研究
   「後期クイーン的問題」をめぐって』  諸岡卓真



受賞された皆さま、おめでとうございます。
[PR]

  by we_2006 | 2011-04-22 19:01 | ミステリ

長月の文庫化 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE